学校法人 髙村育英会
姉妹校

学費支援・サポート制度

ホテル委託奨学生制度

働きながら学び、学費を自分でまかなう、自力進学のためのホテル委託奨学生制度。

国際観光専門学校では、自分の力で卒業したい人のために、「ホテル委託奨学生制度」を設けて働きながら学ぶという自力進学を応援しています。これは、入学時に学費のほとんどを会社(ホテル)が奨学金として支給。委託生として朝・夕(または夕のみ)、ホテルで働いて奨学金を分割返済していきます。1971年(昭和46年)にスタートしたホテル委託奨学生制度は、産学協同を実施する本校独自の制度で姉妹校を含め40年以上の歴史があり、約5,500余名がこの制度を利用して卒業。現在も姉妹校含め、約35のホテルで全国各地から集まった約250名の委託生が頑張っています。

support_01

ホテル委託奨学生制度のポイント

1.入学手続金のみで学校へ通うことができます。

年間に必要な学費のほとんどを会社(ホテル)より奨学金として支給され、給与を得て毎月分割返済していくシステムです。

2.委託奨学生認定に高い壁はありません。

委託生として認定を受けるには委託先ホテルとの面接(一部ホテルにて作文試験)のみ。調査書等の審査はありません。

3.ホテルの寮で自立した生活を送ることができます。

ホテルには社員寮があり、そこでの生活になリます。安全面・ 健康面ともに安心して生活ができます。

4.著名ホテルでサービス実務を経験できます。

授業時間外の朝・夕(または夕のみ)、ホテルにて勤務します。社会人として必要なマナーを実践により習得できます。

5.就職に有利な委託生。就職活動は自由です。

就職先は自分の意思で決定でき、就職活動もできます。2年間の自信が面接の際に好印象を与える結果にもなっています。

6.やりとげた自信は将来大きなプラスに。

契約の2年間で学費の返済も終了します。学校で学んだ授業とホテルの実践で得たサービス精神がきっと社会で役立つでしょう。

委託生からのメッセージ

support_05

中田 汐美さん 静岡県立静岡農業高等学校出身
委託先ホテル/ホテルクラウンパレス浜松勤務/ベルファサード(ビュッフェレストラン)

あっという間に一年が経過し、改めて働くということの厳しさや辛さを痛感しています。ただし、自立をしようと自ら選択した道です。大変ですが様々な経験を積むことができ、また得るものもとても大きく、やりがいを実感できる制度だと思います。

support_06

梅藤 沙耶香さん 静岡県立浜松湖北高等学校出身
委託先ホテル/ヴィラクレタケ・リゾーツ勤務/フロント

高校の先生からの勧めで制度を知り、自分で学費を支払い進学できる点に魅力を感じました。実家を離れ寮生活となりましたが、自分には合っていると感じています。勤務を通して、ホテルへ就職したいという希望が明確になり、今は夢に向かって頑張っています。

ホテル委託奨学生の1日(例)

※早朝勤務のないホテルもございます。

support_05

全国から集まった学生たちがホテル委託奨学生制度を活用し、自力進学で頑張っています。

自分のチカラで働きながら学んでプロフェッショナルを目指したい。そんな熱い気持ちを持って全国から集まった学生たちが、「ホテル委託奨学生制度」を活用して日々頑張っています。さあ、あなたもこの制度を利用して、自分の夢を叶えませんか。

support_06

委託先ホテル

自分の力で進学したいという人を応援、協力してくださるホテルです。

本校独自の学費支援制度

資格特待生制度(出願時の申請)

本校が指定する資格を持っている方全員に、授業料の一部を減免します。

特典 1年次の授業料より10万円又は5万円減免
対象 本校が指定する資格を1つ以上習得している者
手続方法 ①入学願書の所定の希望欄を「○」で囲む
②資格取得を証明する書類(合格証など)の写しを願書とともに提出する
受付期間 平成29年10月1日(日)~平成30年3月30日(金)

※出願後でも平成29年3月31日までに資格取得を証明する書類を提出すれば特典を受けることができます。

特別奨学生制度(出願時の申請)

学業・人物ともに優秀と認められた方は、授業料の一部を減免します。

特典 1年次の授業料より30万円減免
募集定員 若干名
受験資格 併願を除く出願者全員
手続方法 入学願書の所定の希望欄を「○」で囲む
受付期間 平成29年10月1日(日)~平成30年2月2日(金)
選考方法 書類審査・面接・筆記試験(英語・国語)
試験日程 平成30年2月24日(土)

※ホテル委託奨学生制度利用の場合は2年次の授業料より減免となります。

兄弟・姉妹入学特待生制度(出願時の申請)

入学金より一部を免除します。

特典 入学金より5万円減免
対象 国際観光専門学校・国際医療管理専門学校 浜松校の在校生及び卒業生の兄弟・姉妹の者
手続方法 学生証、在学証明書、又は卒業証明書の写しを願書とともに提出する
受付期間 平成29年10月1日(日)~平成30年3月30日(金)

「資格特待生制度」「特別奨学生制度」「兄弟・姉妹入学特待生制度」は重複でご利用いただけます。

通学生奨学生制度(合格後の申請)

教育ローンご返済にかかる利子を、在学中と卒業後2年間まで全額補給いたします。

特典 所定期間の返済利子を全額補給でサポート
対象者 本校に入学を希望するお子様をお持ちの方
対象費用 入学金・授業料・教材費・施設費・実習費等の学校納付金
利用限度額 1年次120万まで(1万円単位での利用可)
2年次80万円まで(1万円単位での利用可)
利率 4.2%(固定金利)※在学中2年・卒業後2年間の利子(4.2%)を本校が全額補給します。
返済回数 12回(1年間以上) 48回(4年間)以内
返済金額 毎月定額返済(1千円単位)
手続き方法 まずは当校にお問い合わせください(システム詳細・注意事項の説明をいたします)

「通学生奨学金制度」は、(株)オリエントコーポレーションの教育ローン「学費サポートプラン」を利用した、本校独自の支援制度です。契約上は(株)オリエントコーポレーションと保護者様との間で教育ローンをご契約頂き、利子分も含めた返済を行って頂きますが、お支払い頂いた利子分は本校がまとめて保護者様に返還するという形で、お借り入れにかかる利子を全額本校が補給する制度です。詳しくは本校へお問い合わせください。
「学費サポートプラン」とは、オリコとの提携教育ローンです。すでに6万人が利用中!
大学600校以上、専門学校1,500校以上で利用されている、安心の教育ローンです。

orico

学校法人髙村育英会 修学支援制度

本校の入学者及び在学生が、経済的理由により、修学が困難と認められる場合に支援する制度です。詳細はお問い合わせください。

その他の学費支援制度

日本学生支援機構奨学金制度

ホームページアドレス http://www.jasso.go.jp/
本校は、日本学生支援機構の専修学校(専門課程)学生奨学金貸与適用校です。
日本学生支援機構の奨学金は、貸与奨学金で経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。(学力・家計基準あり)※

奨学金は第一種奨学金(無利子)と第二種奨学金(利息付)の2種類があります。貸与された奨学金は、卒業後に返還し、返還したお金が後輩の奨学金になリます。

第一種奨学金(無利息) 第二種奨学金(利息付)
利息 無利息 年利3%を上限とする利息付(在学中は無利息)
貸与月額
(平成27年度実績)
自宅通学  3万円、5万3千円から選択
自宅外通学 3万円、6万円から選択
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択
返還方法 月賦(月々返還する)または月賦・半年賦併用のいずれかによる自働口座引落し(リレーロ座)による返還

※その他留学生向けの奨学金制度あり

【入学前】予約採用制度
高校3年次に卒業後の進学に備え、奨学金を予約できる制度です。
(高校在学中のお申込みをお勧め致します)
☆進学先が確定していなくても申込みができます。
☆高等学校または専修学校(高等課程)において、募集を行っています。
☆申込締切が早い場合がありますのでご注意ください。
※詳しくは高校の事務局または進路指導の先生にご相談ください。
【入学後】在学採用制度
入学後4月に当校にて募集を行います。予約採用で残念ながら不採用になった方も再度申込ができます。

国の教育ローン

ホームページアドレス http://www.jfc.go.jp/
ご相談・お問い合わせ 教育ローンコールセンター:0570-008656

日本政策金融公庫の教育ロ ーンは、低金利で学生1人につき、350万円以内の融資が受けられる制度です。兄弟姉妹が利用されている場合も、お一人につき 350万円まで融資を受け取ることができます。また、お申込みは1年中いつでもでき、入学のための費用なら合格発表前から申し込むことも可能です。

対象者 世帯の年間収入及び子供の人数により異なる ※詳しくはホームページをご参照ください
融資額 学生1人につき350万円以内(1年間に必要となる費用が融資の対象となります)
資金使途 進学のため、在学のために必要な資金
利率 年1.81%(平成29年3月時点 ※年2回金利の見直しあり)
返済期間 15年以内(交通遺児家庭または母子家庭の方などは、18年以内)
据置期間 在学期間以内で元金のご返済を据え置くことができます(利子のみの返済)※据置期間は返済期間に含まれます
返済方法 元利均等毎月払い(毎月の返済が一定) ボーナス月増額返済(融資額の1/2以内)
申込窓口 日本政策金融公庫 国民生活事業の各支店(全国152店舗)、銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農協・漁協

地方自治体の奨学生制度(浜松市の場合)

対象者 ・浜松市に住所を有する方の子等 ・学業成績等優秀である人 ・他の育英会団体から奨学金を受けていない人
貸与月額 45,000円以内
利率 無利子
返還方法 貸与期間の満了の日に属する月の翌月から起算して、貸与を受けた期間の2倍に相当する期間内に半年賦または年賦の均等払い
申込窓口 浜松市教育委員会 教育総務課 053-457-2406

※実施していない自治体もありますので、詳しくはお住いの自治体にお問い合わせください。